冤罪事件をなくそう
実際にあった冤罪事件の支援者や被告人本人のコメントを掲載することにより、真実を証し、不当な権力からの救済に少しでも寄与し、同時に現在の司法の問題点を明らかにすることを目的としてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

勾留理由開示裁判

本件公判に先立ち、12月15日勾留理由開示の裁判が行われました。弁護士が逮捕されてから、1ヵ月半・・・、ようやく姿を見ることができました。これは家族の方々も同じでした。しかし、弁護士が手錠につながれて出廷してきた姿を見たとき、私を含め、みな胸が締め付けられる思いで、涙を流したことを覚えています。ただ、これは後から弁護士自身に聞いたことですが、弁護団の助力は勿論ありましたが、自分を信じてくれる人々のために、俺は生きてるぞ!負けてないぞ!と見てもらうために自分で申請した裁判であったそうです。
この裁判の内容については、思い出しても腹が立つくらいひどいものでした。検察側が勾留理由についてのべたことは「証拠隠滅のおそれがある、また逃亡のおそれもある」と、ただそれだけです。証拠固めが終わったから検察は起訴したはずです。今更、証拠隠滅などしようがないことは素人が考えてもわかります。また、逃亡についても、弁護士の立場や関係者とのことを考えればあり得ないことです。このことを弁護団が口角泡を飛ばして訴えても、裁判官は聞く耳を持ってはくれませんでした。ただ、検察側の主張を鵜呑みにしただけでした。実際やっていないのだから否認しているのに、否認しているから逃亡のおそれあり、証拠隠滅のおそれありなどとするなど、人権無視もはなはだしいと言わざるを得ません。この日は『刑が確定するまでは、無罪の推定が働く』などという法の建前は、日本の司法界にとって幻に過ぎないのだということを知った日でした。また、裁判官は法の下に公平に裁くなどということも嘘っぱちで、しょせん検察官と同じ公務員であり、権力側の人間であることを理解した日でもありました。
スポンサーサイト
【2006/11/30 16:42】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(2)

そして起訴・・・

10月26日に逮捕されてから19日後の、平成18年11月14日、弁護士は起訴されました。それまでは、頭では可能性は殆どないと思いつつも、弁護団から「先生は前面否認を続けている」と聞いていましたし、物的証拠は何もないのだから不起訴処分に終わるのではないか・・・、という淡い期待を持っていました。しかし、19日に弁護団の先生から「起訴された」との報告を聞いた瞬間にその期待は打ち砕かれたわけです。文字通り目の前が真っ暗になりました。そして、弁護士が否認しているため、弁護団以外は家族との接見すら認められず、保釈も認められるまで9ヶ月以上を要することとなりました。
私たちが弁護士のじかの声を聞いたり、生の姿を見ることができたのは、12月に入ってから行われた拘留理由開示の裁判のときですから、逮捕から既に1ヶ月半以上が経過していました。そして、直接会話ができるのようになったのは、保釈されてからとなりますから、さらに8ヶ月弱を要したわけです。


【2006/11/28 15:31】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

検察取調べ -その3-

連日のように検察に呼び出されて、取調べられたことは前述の通りですが、何回目かの取調べのとき、次回来るときには事件とは関係ないのに、私と弁護士との関係を示す契約書を持ってくるように言われました。しかし、次に検察庁に行った時は、出先から直接出向いたので、それを持って行くのを忘れてしまいました。すると検事は「すぐタクシーで行って持って来い」とこうです。仕方なくそうしました。もちろんタクシー代は自腹です。そうして持ってきても、検事はそれを見もしないで傍らに置いておくだけでした。嫌がらせにも程があるというものです。また取調べのときに再三にわたって言われたことは「我々特捜にも面子がある、だから証拠もなしに動くわけが無いだろう。だから本当のことを言いなさい。」という台詞です。ですが、私は本当のことしかしゃべっておらず、検事の期待することを言うということは、すなわち弁護士を裏切り、嘘を言うことにほかなりません。私は自分の良心に誓って本当のことのみを言い続けましたが、早く楽になりたいと心の中では何度もくじけそうになりました。
そして、弁護士の起訴が迫ったある日、検事に「今日で最後にするから」と言われ、今まで述べてきたことを調書にし、読み聞かされてサインをさせられました。そこには、弁護士の不利になるようなことは一切出てこないものの、有利になるような供述はすべて検事に否定されたこともありカットされておりました。ただ、弁護士には大変申し訳ないことをしたと思いますが、そこでカットされているからとサインを拒否するだけの元気が私には残っておりませんでした。
私が取調室を出るときに検事が背中越しに声をかけてきましたが、その言葉も忘れることの出来ないものとなりました。「きついことを言ってきて申し訳なかった。でも自分も組織の下っ端で、上からの命令で仕方が無かったんだ」と言ったのです。本来なら、この検事は私から弁護士の不利になるような供述を引き出せなかったのですから、失敗しているのです。ですから私に対して非常に悔しい思いをしているはずです。それにもかかわらずこのようなことを言ったというのは、その検事のわずかばかりの良心だったのでしょうか。ともかくこれで私は次のことを理解することが出来ました。一般人よりもステータスの高い弁護士を逮捕したことにより、権力を見せ付けることが目的であったこと。そしてそのためには真実は二の次であり、関係する大勢の人が不幸になっても構わない・・・これが権力側の構造であると。
【2006/11/24 01:13】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(3)

検察取調べ -その2-

最初の呼び出しがあってから、弁護士が起訴される11月14日まで、
毎日のように検察に呼ばれ、毎回同じようなことを聞かれました。後でわかりましたが、先生の奥様や息子さんも同様だったようです。検察では「先生の女関係は」と聞かれたり、「山下は酒や金にだらしのないどうしようもない男だろう」などと言われたりもしました。また、KHのビルへ弁護士といっしょに行った事もありますが、そのときは地下鉄で行ったというと「弁護士が電車など使うの?どうせいつもタクシー使ってたんだろう」などと言われました。ことほどさように、検事の発言はすべて悪意と偏見に満ち満ちたものでした。このKHのビルに弁護士と行ったときの話の内容も聞かれましたが、事件に関係するような話は出ず、世間話に終始しましたので特に覚えておりませんでしたが、検事は脅すように「大事なことだから思い出せ!」としつこく迫ってきました。そして特にひどかったのが10月12日に関係者が全員集まったときの様子を話した時でした。弁護士がみんなの話を聞いて驚いていた様子を毎回訴えましたが、「前回と言っていることが違う!そんなことはあり得ないんだ!お前は嘘を言っている」と言われたことです。もちろん記憶でしゃべっていますから言葉尻などは微妙に変わっていると思います。でも、真実を語っているのに嘘つき扱いです。そして「これ以上弁護士をかばうと君を裁判の証人として呼び出して、偽証罪で引っ張るからな」とまで言われました。こうなるともう何も言えません。どう言えば信じてもらえるのだろうと考えていると「君は狡猾だね、僕にはごまかすための嘘を考えているようにしか見えない」とこうです。私は恐怖を覚えました。このまま逮捕されて帰ることが出来ないのではないかとまで感じました。ここから帰してもらえるのなら、嘘でもいいから検事さんの言うとおりにしゃべってしまおうか・・・そんな考えが頭によぎったのも偽らざる気持ちです。真実は真実だからと何とか踏みとどまることが出来ましたが、それぐらい検察庁の取調室は恐怖に満ちたものでした。このときの様子は弁護団の指示により詳細を書面にし、公証役場にて確定日付にしましたが、これが少しでも弁護士の無罪証明に役に立ってもらいたいと思います。
【2006/11/20 14:48】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

検察取調べ -その1-

弁護士が逮捕されてから2~3日たって、検察から「事情を聞きたいから検察庁にくるように」という電話がありました。私は、家宅捜査のときの無礼さに腹は立っていましたが、自分が話すことによって弁護士の逮捕が過ちであったと分かってもらえる、よかったと思いました。しかし、あっという間にその認識は覆りました。検察庁に行くと、検察事務官に担当検察官の部屋に案内されました。部屋に入ると机をはさんで検事に向かい合わせに座らされ、横に検察事務官が座りました。部屋の扉は閉じられ、密室状態となり非常にいやな雰囲気でした。担当の検事にまず「弁護士に言われて何か捨てたことはあるか」と聞かれました。事件に関係する証拠などを捨てたろうと言っているのはすぐわかりました。しかし、不要となった資料などを破棄することはどこの事務所でも当たり前にやっていることですし、まったくないと答えれば逆に嘘になりますから「古くなった資料などを先生に確認して捨てたことはあります。」と答えました。すると「何を捨てた」とすぐ聞き返してきました。忙しい日常の中で、捨てたものなどいちいち覚えていないのでその通り言うと「思い出せ!」と強い口調で言われました。そして「君も現役の事務局長なら事後工作しているだろう」とまで言われました。しかし、この事件に関するものは一切捨てた覚えはありませんし、第一、事件関係者の資料は既にすべて任意で検察に提出していましたので、彼らの期待通りの返答を出来るはずがありません。
任意の呼び出しに対して、こちらは積極的に協力しているのに、端から私に対しても共犯者扱いでした。
【2006/11/16 01:20】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

セクハラ!おまけに指輪が無い!

家宅捜査のとき、ありとあらゆるものをあさるようにして調べていったことは前述のとおりですが、検察官2名と事務官数名の態度は非常に横柄なものでした。事件に無関係の人間のプライベートな持ち物まで無断で、当然のような顔をして調べる事に対しては腹が立ちました。ロッカーには名札も張ってありますから、隣の部屋にいる本人を呼んで確認すればすむのです。これは女性のロッカーを覗くセクハラ行為そのものです。捜査令状の対照はあくまで事務所です。事件に無関係の人間の物は当然対象外です。検察側からすれば事件関係者のものだからという意識かもしれませんが、我々は協力者の立場です。少なくとも個人のものを調べるときは本人の了解をとるべきではないでしょうか!。そして、後で分かりましたが、女性事務局員の大切にしていた指輪がなくなっていました。彼らが盗んだとは言いませんが、調べたものに対する扱い方に問題があったことに間違いはありません。後日、検察にそのことについて抗議しましたが、「ちゃんと令状により捜査したのだから、我々に一切問題は無い」との一点張りで、「裁判が終わったら国家賠償でもすれば」とけんもほろろの対応でした。ともかく、検察官たちの態度は、我々のやることは絶対である、間違いなどあるはずが無いのだというものでした。このことは、次回に語る予定の、私に対する検察の取調べでも如実に表れていました。
【2006/11/14 00:50】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

運命の10月26日 -その2-

家宅捜査が終了すると、検察は押収品目リストを作成し、読み上げたうえで私はそれにサインをさせられました。このとき既に5時半、当事務所主催のセミナーは6時開始でしたら、私は他の事務局員とともに会場に急ぎました。なんとかぎりぎり間に合いましたが、私にはつらい仕事が残されていました。主催者である弁護士が不在のセミナーとなってしまったため、集まっていただいたお客様にそのことを説明する仕事です。弁護士に対する検察の対応が変わって来たころ今回のセミナーを中止することも考えたこともありましたが、弁護士自身は何も悪いことはしていないわけですから、万一のことがあっても堂々と決行しようと決意していました。しかし、いざ実際にこのようなことがおこると・・・やはりつらかったです。私たちにとって弁護士の逮捕は誤認逮捕であることが確信ではなく、事実でありましたから、そのことを会場の皆様に状況を説明しながら述べ、これからも弁護士を信じてもらえるよう訴えました。土下座をしながら訴えました。会場の皆様が「信じてるよ!」「負けないで頑張って!」と声をかけてくれたことが本当に嬉しく、この日唯一の救いでありましたが、私は涙が止まりませんでした。10月26日・・・私はこの日のことを一生忘れないでしょう。
自宅に帰ると夕方フジテレビでやっていたニュースを妻が気を利かして録画していてくれていたので見ましたが、一つ不思議なことに気がつきました。弁護士が事務所のあるビルの前から連行されていく場面が写っていましたことです。逮捕するなら取調べの後、そのまま検察庁の中ですればよいものを、まるで連行する場面をわざわざ撮影させるためであるかのようでした。ここに、検察側の悪意を感じました。真実より弁護士を逮捕することを重視することに疑問を感じるとともに、怒りがこみ上げてきました。
【2006/11/08 22:20】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

運命の10月26日 -その1-

これまで目撃者の証言という形で事務局員と表現してきましたが、これからは私という表現とし、文章をよりわかりやすく、より真相に迫っていきたいと思います。

10月26日、弁護士は自分の受けていた国選事件の判決日でもあり、「朝から裁判所に出かけるが、判決後検察に呼ばれている。」と言っていましたので、もしかしたら・・・という予感をもちつつ事務所に行きました。すると、まだどこにも発表されていないはずなのに、各テレビ局の報道車が事務所を囲んでおりました。報道陣に見つからないよう苦労しながら事務所に入り、この日は当事務所主催のセミナーを行う予定日でもありましたので重苦しい雰囲気の中、その準備を進めておりました。すると11時ごろインターホンが鳴り、出ると検察官から捜査令状を示され、今後一切外部との連絡を絶つようにと言われました。弁護士がどうなったかと聞いても答えてくれないので、不安はつのる一方でしたが、12時過ぎに私の携帯電話に妻から『NHKで弁護士逮捕のニュースやってる』とのメールが届きました。やっぱり・・・という絶望的な思いにとらわれました。家宅捜査は夕方5時過ぎまで続き、金庫やもろもろの資料、パソコンデータ、ゴミ箱の紙くずまであらゆるものをあさり調べました。また、事件に無関係の女性事務局員の生理用品をしまったりするポシェットまで無断であさるなるなど、明らかなセクハラ行為まで当然というような態度で調べていきました。しかし、弁護士は犯罪行為をしていないのですから当然ですが、犯罪行為を裏付けるような証拠物が一切出てこないので、やってきたときの自信に満ちた顔つきから次第に苦りきった顔つきに変わっていったのが印象的でした。
【2006/11/08 01:08】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

積極的に協力してるのに・・・

(本題に入る前に)
現在のところ若干の問題があるということで、関係者の氏名をアルファベット表記していますが、その問題がクリアされ次第、実名に切り替えて、より事件の真実に迫りやすくしていこうと考えております。

関係者3名が逮捕された日より連日、弁護士は事情が聞きたいからと検察より呼び出され、検察庁に出かけていきました。その間、やましいことは何もないですから、事務所にあった関係者たちの資料も検察に協力しようと積極的に提出していきました。ただ、日に日に風向きがおかしくなってきたことを弁護士は感じており、そのことは事務局員たちにも述べておりました。10月25日には誰がリークしたのか(検察当局の誰かしか考えられませんが・・・)某テレビ局より取材したいとの申し込みがありました。そのときは何を書かれるかわからないので、それを断りましたが、そのときにしっかりと真実を述べておけばよかったと、今は後悔しています。同日、弁護士は検察より帰ってくると、「検察の態度がおかしいからまもなく自分は逮捕されるかもしれない」と語り、事務局員を誘って飲みに行きました。ただ、飲んでいても、言葉の端々から逮捕されるかもという不安が感じられ、帰るときの後姿もとても辛そうでありました。そして、運命の10月26日を迎えることになります。
【2006/11/06 00:05】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

あけて10月13日

あけて10月13日の午前、何を思ってのことか、関係者全員が三々五々弁護士の事務所にやってきました。しかし、弁護士を含め事務局員全員他の仕事があり、事務所を使われては困るので、近所の喫茶店に案内し、そこに行ってもらいました。ただ、元事務局長のHMと金融ブローカーのTMは自分が逮捕されるのを覚悟してのことか、ボストンバッグ持参でありました。その喫茶店から検察に各自出頭したと思われますが、夕方弁護士のもとに検察特捜部から「老女KHが金のありかを言わないので説得に来てくれ」といった内容の電話があり、弁護士も赴きました。しかし弁護士の「金のありかも含めて正直に話すように」との説得にも結局応じなかったようです。そして、そのまま、老女KH、次女YY、その夫YKは逮捕され、新聞にもその記事が掲載されました。ただ、なぜか首謀者であるHMと資金手当てなどで大きく事件に関与しているTMは逮捕されませんでした。特にTMなどは別の事件のため執行猶予中の身であるにもかかわらずです。事件そのものの概要はおいおい述べていきますが、既にこの時点から弁護士を逮捕するための事実上の司法取引が始まっていたと思われます。
【2006/11/02 14:15】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

・・・の敷いたレール・・・

10月12日、全員集まった日の細かいやり取りはわかりません。ただ、弁護士は検察に対して正直に答えなさいと全員に言ったわけですが、もし、弁護士が本当に指南役であったとすると、全員が正直に言えば自分が真っ先に逮捕されるわけですし、弁護士が関係ないふりをしようものなら全員から「先生いまさらそれはないよ」と大騒ぎになったでしょう。しかし、弁護士を責める声は一言も聞こえませんでした。この日、事件の首謀者である元事務局長のHMは、青い顔をして、数分毎にトイレにいくなど落ち着きがなく、また、もう一人の首謀者であるYYは事務局のところに「タバコを吸わせてね」とやってきて(後にYYは自分の裁判で自分は喘息持ちだからと述べておりましたが、その割にはずいぶんと立て続けにタバコを吸っていました。)、事務局員に向かって「全部HMちゃんの敷いたレールなんだよね」と打ち明けていました。ただ、この言葉の持つ意味がわかったのは数日後でした。
弁護士が不幸であったのは、元事務局員のHMを独立後も可愛がっていたことであり、それをHMが利用したことでありました。事件当事者たちは「ほかの弁護士のところに行く」と言って帰っていきましたが、もし、弁護士が本当に指南役であったならば、検察の取調べに対してこう言いなさいと指示を出しているはずですし、そうなればほかの弁護士のところにいく必要もないわけです。このことなどから、事務局員は弁護士が事件に無関係であることを確信するにいたったわけです。
【2006/11/01 02:01】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:shinnjitu
行政書士の廣瀬直樹です。自分もちょっとしたことから冤罪と言われる事件に関わるようになり、冤罪事件が不当な権力によっていとも簡単に作られ、まわりの人間がどんどん不幸に巻き込まれていくことを知りました。冤罪事件は決して『ヒトゴト』ではありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。