冤罪事件をなくそう
実際にあった冤罪事件の支援者や被告人本人のコメントを掲載することにより、真実を証し、不当な権力からの救済に少しでも寄与し、同時に現在の司法の問題点を明らかにすることを目的としてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

「私は貝になりたい」を見て・・・

 このブログの再開に向け、まず何を書こうかと考えていましたが、先日映画の「私は貝になりたい」を見てきましたので、その時考えたことを書かせていただきます。
 この映画は見ていてとても辛かったです。主人公の清水豊松の絞首刑が執行されるシーンがラストですから何の救いもありません。でもこの映画の持つ意味は大きいと思いますので、皆さんにも是非見てもらいたいと思います。戦争による悲劇などというありきたりなものだけがテーマではありません。力をもつということがどういうことかを考えて欲しいというメッセージを感じました。
スポンサーサイト
【2008/11/25 14:50】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ再開に向けて

 このブログを書かなくなってから、一年以上が経ってしまいましたが、この間自分の相続問題で右往左往しておりました。
 先代からの負の遺産相続で、4億円からの借金を抱え、銀行への返済、税金の支払などに行き詰ってしまい、その対応に追われ、解決するのにたいへん多くの時間を要しました。結局引っ越さざるを得なくなりましたが、自宅などの所有物件を売却し、なんとか一段落することができました。この自分の問題を解決するために多くの方々が協力してくれました。正直言ってもし協力者がいなかったら自分1人ではどうにもならなず、今頃首をくくっていたかもしれません。それぐらい深刻な状況でしたので、解決に向け協力してくださった方々には感謝の念が絶えません。
 ことほど左様に個々の力など微々たるものであるということを痛感いたしました。また同時に、不可能と思えることも、力を合わせれば可能になるということも実感いたしました。
 冤罪事件も同じだと思います。権力者が権力を誤って使ったことに対し、1人で訴えても何も変わりません。しかし、多くの人が集まり訴え続ければいつかは変えることができる・・・そう信じることができるようになりました。
 自分がこのブログを休んでいた間にも、世間では冤罪を思わせるような事件がいくつかおきているようです。また、山下事件にしても色々と動きがあったようです。これからはまた、世の中の冤罪事件撲滅を目指し、山下事件を中心に訴えいていきたいと思います。
 少しでもこのブログに興味を持ってくださった方々に長々と休んでしまったことをお詫び申し上げます。そして、このブログの輪が少しでも広がるよう、またご協力お願いいたします。

【2008/11/10 15:15】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:shinnjitu
行政書士の廣瀬直樹です。自分もちょっとしたことから冤罪と言われる事件に関わるようになり、冤罪事件が不当な権力によっていとも簡単に作られ、まわりの人間がどんどん不幸に巻き込まれていくことを知りました。冤罪事件は決して『ヒトゴト』ではありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。