冤罪事件をなくそう
実際にあった冤罪事件の支援者や被告人本人のコメントを掲載することにより、真実を証し、不当な権力からの救済に少しでも寄与し、同時に現在の司法の問題点を明らかにすることを目的としてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

何故隠したがるのだろう

10月22日(木)に足利事件の再審が始まりました。この事件はDNA鑑定の誤った判断により自白を強要されて、有罪とされてしまった悲劇です。弁護団側は被告人であった菅家さんの『自白』の誤りを証明する為、証拠調べを裁判所に要求していますが、検察側は必要ないと抵抗しているようです。名誉を回復できれば良いのだから、余計な時間をかける必要はないというのが表向きの理由ですが、こちらには都合の悪いことを知られたくないと言っているように聞こえてなりません。裁判は公開が原則ですから、裁判で証拠調べということになれば警察や検察のやってきたことが公の目に晒されるわけです。ですが、取調べなどにおいて、何も問題がなかったというのであれば、そのやり方が世間に知られても困るはずがないのです。

ちょっと古い話ですが、10月7日の東京新聞の『こちら特報部』に「取調べの全面可視化」するなら「おとり捜査」「司法取引」の導入を法制化して許可せよと国家公安委員会が主張しているという記事が出ていました。この記事を読んで自分は何これ?!とまず思いました。「取調べの全面可視化」と「おとり捜査」「司法取引」をどうしてセットで考える必要があるのでしょうか。「全面可視化」と「おとり捜査」、「司法取引」は全然別次元の問題です。記事に書いてあるように、これをする代わりにあれをしてくれという取引をしようとするなどおかしな話です。まるで時代劇に出てくる悪代官が見返りを要求しているようなものです。

この3つは切り離して「取締りの全面可視化」をすぐに実現すべきです。一部可視化では駄目なのです。なぜなら一部可視化では編集が可能であり、都合の悪い部分は隠せるからです。
 取り調べる側からこのような主張が出てくるのは、見られたら都合の悪いことをしているとを自ら白状しているようなものです。また捜査能力の限界を認めているようなものです。皆さんはそう思いませんか?。

「おとり捜査」「司法取引」について、私は一概にいけないことだと言っているわけではありません。場合によっては必要なのかもしれないと考えています。ただ、人権侵害にも発展しかねない問題だけに慎重な協議が必要だと思います。これに対し、「全面可視化」はすでに人権を侵している可能性が非常に高いわけですから、こちらは直ちに実現すべきです。正当な取調べをしていると主張するなら反対する理由はありません!!
スポンサーサイト
【2009/10/21 10:03】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(1)

権力とは

このブログを再開させると1回書いたきり1年近くがたってしまいました。
この間、プライベートなことで色々とあり、心身ともに疲れ果て、とてブログを書ける状態にありませんでした。また、いたずらのような変な投書も非常に多く、嫌になっていたということも事実です。
 しかし、ようやく精神的に落ち着いてきたことに加え、やはり冤罪について考えることもいっぱいありますので、今後は無理せず時々書き込んでいこうと思います。

 まずは、このブログを立ち上げるきっかけとなった弁護士のその後についてのご報告です。自分が支援してきた弁護士は、考えうる全ての方法を駆使して戦ってきましたが、とうとう上告も棄却され有罪が確定いたしました。矢折れ、刀つきたといった状態で、もはや闘う術がなくなりました。弁護士自身も近く投獄されるのを覚悟しているようです。


 権力を司るということはどういうことなのだろうと時々、考えます。
権力は人の一生を変えてしまう力を持っていますから、絶対に間違いがあってはならないのです。しかし、冤罪はなくなっていません。権力側は間違いに気がつきません。気がついても認めようとはしません。冤罪をなくし、間違いをなくすには組織構造云々ではなく、権力を持つ側が次のことをまず実践することから始めなければなりません。
①素直な心
②反省の心
③謙虚な心
④奉仕の心
⑤感謝の心
この五つの心を持ち実行しなければ、今の悪しき構造の改革は絶対に臨めません。
 実はこの五つの心は5訓と言って多くの刑務所で受刑者たちに教えていることです。しかし、権力を持つものたちこそこの5訓が必要です。権力側はこの5訓を受刑者たちに押し付け自分等は人の言うことに耳を貸さず、反省もしないのでは話になりません。

 多くの冤罪が発生しているみも係らず、残念ながら今の日本では、冤罪に対してさほど関心は高くありません。権力構造を変えられる可能性を持つものは、圧倒的多数による国民の声しかありません。どうか皆さん、冤罪にも多くの種類があるということを知り、また、権力とはどういうものかをよく考えてください。
 そして、もしこのブログを読んで自分も冤罪事件に関わっているという方、また自分はこう思うという方、遠慮なく意見を下さい。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/10/05 19:45】 | 日本の司法は問題だらけ! | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:shinnjitu
行政書士の廣瀬直樹です。自分もちょっとしたことから冤罪と言われる事件に関わるようになり、冤罪事件が不当な権力によっていとも簡単に作られ、まわりの人間がどんどん不幸に巻き込まれていくことを知りました。冤罪事件は決して『ヒトゴト』ではありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。